• 料金
  • アクセス

足関節捻挫について

足関節捻挫は運動中に生じるイメージが強いかもしれませんが、歩いているだけでも起こることがあります。

原因と症状

主な原因は、足関節に過剰な外力がかかることにより、生理的に不都合な運動が発生することです。そうすると、足関節を維持している靱帯などの組織がダメージを受けてしまいます。また、靱帯が傷ついた具合によって3段階の重度に分けられます。単純に伸びた状態が最も軽く、完全に切断されてしまったものが最も重いです。その間である中度の足関節捻挫もよく起こるケースとなっています。

症状について代表的なのは患部に激しい痛みが生じることです。見た目にも変化があり、たいていの場合は腫れあがります。患部は熱を持つことが多く、赤みを帯びることも珍しくありません。普段は痛みをあまり感じなくても、手などで押さえた場合に酷く痛むケースもあります。

骨折と見分けがつきにくく、酷いと感じる場合は早めに診察してもらうのが得策です。重症の場合は歩行が困難になってしまい、松葉杖を要するケースも多いです。足に負担をかけると悪化する恐れがあります。

足関節捻挫は当院にお任せください

捻挫は放置したままでも修復しますが、骨の位置がずれた状態で靱帯が伸びたまま修復すると再発しやすくなるため、適切な処置を行うことが大切です。当院はスポーツトレーナー経験スタッフも在籍しており、スポーツをされている方をトータルサポートしております。足関節捻挫の治療はサンパーク前整骨院にお任せください。

山陽小野田市高栄 | サンパーク前整骨院のお問い合わせ

お問い合わせ

院名 サンパーク前整骨院
住所 〒756-0815
山口県山陽小野田市高栄2-10-31
営業時間 平日 午前 / 8:30〜12:00
午後 / 14:30〜19:00
営業時間 土曜日 午前 / 8:30〜12:00
午後 / 14:30〜16:30
休診日 日曜日・祝日

Google Map

GoogleMap

サンパーク前整骨院
へのご予約・お問い合わせ